子犬の散歩について

2021/02/25 ブログ
logo

 

 

散歩デビューはいつから

子犬が外からいろい受け、外の環境に慣れるためには、生後3週齢〜12週齢(84日)の社会化期に散歩を通して外の世界を体験するのが大切だと考えられているようになったのです。社会化期は犬たちが外を含めた身の回りの環境に慣れ、外の世界にあるものは怖くないものだと学ための期間です。中でも生後6〜8週は社会化に最も適した時期といわれています。ワクチン接種が終わる前から散歩デビューさせることも一つの方法、抱っこしたまま散歩して、外の世界に段々と慣れましょう。「散歩⇒怖いもの」と感じないように、交通量の多い場所や人や犬が多い場所は避けましょう。また、子犬は成犬よりも寒さ暑さに弱いので特に暑い時間帯や寒い時間帯は避けましょう。最初は車、成犬のようにリードをつけて歩くのではなく、公園や河川敷などで好きなように遊ばせる程度です。生後半年を過ぎたら成犬と同じようリードを付けて一緒に歩く散歩を開始します。